マリンスポーツが楽しめるビーチリゾート~沖縄や与論島を旅しよう~

夏を満喫するならビーチリゾートへ行こう

日本の夏を楽しむには海を満喫するのが良い選択肢の一つです。南方にあるビーチリゾートに行けば様々な形で暑い夏を楽しむことができあす。日本は美しい海に囲まれていますが、沖縄は海を楽しむための観光地としてもよく知られています。沖縄を中心として周囲の地域も含めた旅行計画を立てて存分に夏のビーチを楽しみましょう。

旅費を安くするには

女の人

青い海で楽しめるマリンスポーツがおすすめ

青くて美しい海は眺めているだけでも満足できるかもしれません。しかし、それをしっかりと満喫しようと考えたらビーチリゾートで楽しめるマリンスポーツを体験するのがおすすめです。沖縄旅行を計画してみると各所のビーチで様々なマリンスポーツができることがわかります。代表的なスポットとして知られているのが青の洞窟であり、シュノーケリングで海の中の美しさに感動することができるでしょう。シュノーケリングは体力的な要求が少ないので老若男女を問わずに楽しめるマリンスポーツです。もっと活動的に楽しみたいと考えたらバナナボートやパラセーリングなども各地のビーチリゾートで楽しめるようになっています。計画を立てて色々なマリンスポーツを体験しましょう。

海の綺麗さなら与論島もおすすめ!

やはり海の美しさにこだわって旅行に行きたいというときには沖縄本島にこだわらないのも良い方法です。沖縄の周辺には離島とも呼ばれる大小の島々があります。海の綺麗さにこだわりたいなら注目すべきスポットが与論島です。与論島は白い砂浜が一面に広がる百合ヶ浜があることで一躍有名になりました。美しい真っ白な砂浜と青い海とを対比させるとその綺麗な姿が浮き彫りにされます。百合ヶ浜以外にも美しい海が広がる有名な海岸がいくつもあり、それぞれで観光時期になるとイベントも開催されているので海の美しさを堪能しながらイベントに参加して楽しいひとときを過ごすことが可能です。朝日の綺麗なビーチから幻想的な夕焼けが見えるビーチまで様々なものがあるのが魅力となっています。

新着情報

与論島・沖縄旅行を激安にする5つのポイント

繁忙期を回避して出発

与論島・沖縄の旅行を安くするために重要なのが繁忙期を避けることです。夏休みの間は全体的に混み合うのは確かで料金も高くなりがちです。夏にこだわりたいというときでも7月の上旬や9月に入ってからを選ぶと安上がりになります。

交通費を安くする早期予約

沖縄旅行を中心として与論島の場合も該当するのが交通費の削減による節約です。フライトは特に早期割引が実施されているので、二ヶ月以上前から予約しておくことで交通費を格安にすることができます。現地のレンタカーも安くなることが多い方法です。

ツアーを選ぶとさらに割安

与論島・沖縄旅行で激安にする手段として有力なのがツアーの利用です。宿泊施設と交通手段やリゾート施設の利用料をパッケージ化して安上がりにしてあるのが特徴であり、好みの組み合わせのものが見つかると破格になります。

ホテル代を節約する考え方

ホテル代を節約するのも重要な考え方です。ビーチリゾートでマリンスポーツを楽しみたいと考えているとホテルは眠るだけの場所になる可能性もあります。普段より少しランクが下のホテルを選んでも十分に満足できるのです。

ロングステイも考えると良い

繁忙期を外してロングステイをすると激安で泊まれる宿泊施設もあります。十分に長い休みを取れるというときにはロングステイを利用すると一日あたりの宿泊費を大幅に削減できるでしょう。レンタカー料金も長期予約で安くできます。

[PR]

江ノ島神社を参拝しよう
旅行を検討しているなら必見! 飛行機が最安値で紹介中☆
旅行が好きなら要チェック! 寝屋川で好評なレンタカーショップ
お手頃価格でサービスが利用可能! 沖縄格安ツアーを大公開☆
低予算で旅を楽しみたい人必見!

合わせて読みたい記事

旅行鞄

楽しい旅行にする為に

南の島に旅行に行くなら、与論島がおすすめです。沖縄本島からほど近い場所にあって、ツアーも多数出ている有名な島です。何しろ安く行けて現地でもあまりお金がかからないのが特徴的です。百合ヶ浜というパワースポットがあったりと、自然を楽しむなら最高の島になります。

READ MORE
海中

口コミを調べよう

沖縄で人気のシュノーケリングに参加する際には、青の洞窟に行けるコースを選ぶと、美しい情景を目に焼き付けることができます。海の青さと、光で、現実の世界ではないような素晴らしい空間に身を置くことができます。

READ MORE
婦人

節約旅行でも満喫できる

工夫をすれば、沖縄旅行も激安になります。まずツアーに参加するスタイルなら、コストは最小限で済ませられます。時期を選択することも大事ですね。自分たちでできることは自分たちでするのも、コスト削減には役立ちます。浮いたお金をグルメに回せば、全体的な満足度は高くなります。

READ MORE

旅行前に不安を解消!与論島・沖縄旅行のQ&A

与論島へのアクセス方法には何がありますか

与論島にアクセスする方法はフライトとフェリーが主な方法です。フライトの場合には鹿児島や那覇、奄美大島から利用でき、フェリーの場合にはそのエリアだけでなく神戸や大阪からアクセスできる船も運行しています。

与論島へのフライトはどのくらい時間がかかりますか

与論島へのフライトの所要時間は鹿児島から約70分、那覇から40分、奄美大島から25分です。鹿児島と那覇からの便は一日に一往復以上あって繁忙期には多くなっているので日帰りで与論島に行ってくることもできます。

[PR]

広告募集中